Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなーちぇ

私が住んでいる神奈川区。
なかなか、子育て支援が充実しています。

かなーちぇという神奈川区地域子育て支援拠点や、○○ケアプラザ、なんてところに、週1回は出向いて赤ちゃん同士の交流、ママ同士の交流をしています。

私もできる限り参加してます。
だって、家で子供とふたりっきりで時間を過ごすのってけっこうたいへん。
外に出ちゃって、赤ちゃん同士で触れ合ったほうが、赤ちゃんも刺激になって、遊んだ分家でちゃんとお昼寝してくれたりして、メリハリができていいんです。
この暑ーい中、家で2人でエアコンつけて過ごすよりも、こういうところに出向いたほうが、涼しくていいしね(笑)

「親子ふれあい遊び」では、ベテランスタッフさんからスキンシップの取れる手遊びの歌や簡単な体操を教えてもらいました。


この日は、妊婦時代からの友達が、それぞれの赤ちゃんを連れて集合

0805kanache_2.jpg
近い時期に生まれたわりには、大きさもマチマチ。男の子はやっぱり大きいわあ。
みんな、かわいいね~!

0805kanache_1.jpg
寝返りができるようになってから、娘はとにかく腹ばいが好き。
あお向けに寝かせてると、すぐゴロンといっちゃいます。


0805kanache_5.jpg
スタッフの方に集合写真を撮っていただきました。


スポンサーサイト

名前のこと

私達の娘の名前は、茉渚(まな)と言います。

2人とも、ラテン好きな両親の子供だから、むこう(中南米)でも通用する名前にしようと、いろいろと候補を挙げてましたが、最後にこれに決まりました。

その理由はね。

1.両親の名前の初めの一文字を取って、まな。ベタやねえ~~~ (笑)

2.“MANA”は、旧約聖書「出エジプト記」第16章に登場する食物。イスラエルの民がシンの荒野で飢えた時、神がモーセの祈りに応じて天から降らせたという。
 実在するのか、伝承のものなのかわからないけど、穀物の名前らしい。
 いわば、天の恵み。この子は私達にとって、“天の恵み”なんです。

 MANAは他にも、太平洋の島々の言葉で“奇跡”を意味するとか、なにか神聖な意味を持つようです。

3.私が大好きなメキシコのロックバンドは、”MANA” ってこれはおまけだけどね。笑


こんな思いがこめられています。

で、漢字は・・・?

当て字です。 笑

お互いが好きな漢字をいくつか挙げて、家族会議で決めました。


愛らしくて、呼びやすい名前だと、私はとても気に入ってます。

離乳食スタート!

8月30日 離乳食を開始しました。

ほんとは、6ヶ月になってから始めようと思っていたのだけど、その前から始めました。

というのは、なんせヨダレがすごい!
唾液が多いのは、歯が丈夫になるっていうからよいことなんだけど、もういつもダラダラで、スタイを日に3、4枚取り替えてます。
それに、以前から、親が食べているところを、すごーく興味深く見てる。ワタシが”おいちぃ~”とか言うとニコニコしてる。親に似て、食いしん坊だろうなー(笑)
さらに最近、唇を尖らせてつばを飛ばす。最初はふざけてるのかと思っていたら、実はこれ、歯が生えそうでかゆいみたい。なので先日、歯固めってやつを買ってあげて、カミカミに慣れる練習を始めました。

そんな理由から、もうこれは始めたほうがいいのでは!?と思い、昨日からスタート。

最初は、10倍がゆってやつから。

0830rinyushoku_6.jpg
アカチャンホンポで買ったパイレックスの「こめかゆくッカー」。生米をこさじで1杯。水をおかゆのかたさによって調整します。

0830rinyushoku_7.jpg
炊飯器に入れて普通のごはんと一緒に炊きます。


0830rinyushoku_5.jpg
炊きあがったおかゆはこんなかんじ。水分と米にわかれちゃったなあ。


0830rinyushoku_4.jpg
濾し器ですり潰して、ドロドロのおもゆの状態にします。


ドキドキ。食べてくれるかな??

0830rinyushoku_3.jpg
アタチ、なにされるの??

0830rinyushoku_2.jpg
なんじゃこりゃあ~。
異物感たっぷり。


うまくゴックンができずに、横からダラーっと出してしまいました。
ま、初日はこんなもんでしょう。

これからしばらく続きます。

ぽこ・あ・ぽこ、ね。

追記を表示

はじめに。

はじめまして。
現在、5ヶ月半の娘を持つ母です。

なぜこのブログを立ち上げようと思ったのか。
そんなことを簡単に書きたいと思います。
結婚して8年、これまで散々、夫婦で好き勝手に大人のラテンライフを送ってきた私ですが、ようやく待望の赤ちゃんを授かりまして、今年の3月、マルコウで出産をしました。

それで今までの生活とは180度回転!
サルサやAXEといったラテンダンスで夜遊びもさんざんしていた私ですが、母親になった途端、100%子供中心の生活です。(今はね) 家事と育児で、毎日があっという間に過ぎていきます。

子育て奮闘の毎日、日々いろんな気づきがあります。
また、初めての子育てでほとんど知識のない私ですが、先輩ママやママ友から、いろいろと役に立つ情報をいただいて、日々役立てています。
そう、マルコウで出産した私は、友達の中に先輩ママが多いということは、かなり得をしていると感じています。
いろんなことを教えてもらったり、お古をいただいたりして、本当に助かっています。
子育てって、やっぱり、経験者の話が一番、役に立つと思うんです。


そんな有益な情報を、うまく情報発信できないだろうか・・・?
そう思い始めました。

これまで、自身のブログに子育てのことを書いていたのですが、だんだんと、ブログのテーマから外れていること、そして、ブログを読んでもらいたい対象者がわかれていることを感じはじめました。
それで、子育てに関するこの新しいブログを立ち上げました。

自分の友人やSNSの仲間を超えて、子育てをしているお母さん達に見ていただきたいです。
なので、私自身もちょっと恥ずかしいようなことも、赤裸々に書いてしまいます(笑)
それぞれの体験などを交えた、生の情報交換の場にしていきたいと思っています。

子育てをしながら、新しく学んだこと、みんなにも紹介したい情報など、書いていきたいと思います。

また、ブログを立ち上げた今、娘は5ヶ月を過ぎてしまったのですが、それ以前の記事がこれからどんどんアップされていくかと思います。そのあたりは、新着順と記事の内容が一致しない場合もたくさんありますので、そのあたりはどうぞご理解ください。

どうぞよろしくお願いします。


manatamago  2010年8月30日




おっぱい星人!

このタイトルを書いたら、アダルト投稿禁止の警告が出ました(笑)

うちの子、とっても健康だし、夜泣きはしないし、外面はいいし(笑)、かなり育てやすい子だと思っていたのですが、、、。

実はそうでもないんだーってことを最近になって思うようになりました。

それは、寝かしつけ。
寝かしつけだけは、ちょっと、苦労させられます。

今、ほとんどにおいて、寝かしつけは、“添い乳”でやっています。

寝かしつけは、赤ちゃんによって様々ですが、
うちの娘のパターンとして、おっぱい飲んでミルク飲んですぐ、そのまま寝るのではなく、しばらく遊んで、疲れてきたら急にぐずり出します。
そしたら、布団に連れて行って添い乳して、寝かせるようにしています。

その添い乳が、もう、すっかり癖になってしまっていて。。。
ほとんどにおいて、おっぱいなしでは、寝られない子になってしまいました。


家の中でなら、全然問題ないんだけど、これがどこでもそうなんです。
子育て支援学級なんかに行っていてもそう。
急に眠くなると機嫌が悪くなって、ぐずりだす。
しばらく抱っこしてても、泣き声が大きくなり、真っ赤になって汗びっちょりになって泣いている。おっぱおないと、寝られないみたい。
他の子のように、そのまますーっと寝てくれた試しがほとんどないんです。

その場にいたスタッフさんに、タオルケットなんか敷いてもらったりして、いろいろ苦労をおかけしました。
結局その場では、環境が違ってどうも寝られなかったみたいだけど。

スタッフの方には、『おっぱい星人になっちゃったわねー』とか、
小児科の先生にも、『あなたこれじゃあ、おっぱいオバケになっちゃうわよ』とまで言われました。

ある時一度、旦那さんに託して夜、出かけたことがありましたが、その時も相当、たいへんだったようです。
まなはお父さん大好きな子だから、ご機嫌で遊んでいたようだけど、眠くなったら話は別。
おっぱいがないから、ずーーーっとギャン泣き。かなり苦労をかけました。
私が帰ったら、「オレもおっぱいが欲しい~」って言われちゃいましたよ。(笑)

こんなんだったら、預けるようになった時に、大丈夫なんだろうか?

ま、この子はけっこう状況を判断できる子だから、そうなったらそうなったで案外新しい環境に順応するのかもしれないけど。今のところは、ちょっと心配です。


みなさんはどうですか?どんな寝かしつけをしていますか?

うちの子のおっぱい星人、いつか卒業するのかなあ・・・。




布おむつとうんち対策

前回の、布おむつの続きです。

布おむつ、慣れればそれほどたいへんではないけれど、うんちの処理は、やっぱりたいへん。
私は、おむつやカバーについたうんちを石鹸でつまみ洗いして、石鹸+重曹液につける、という方法でした。

そしてある時、友達からすばらしいアイデアを伝授。

はぎれでうんちガードを作ってしまおう作戦!

見たとおりです。↓
0817omutsu_6.jpg

私が使っているのは、だんなさんの古くなったシャツをはぎれにしたもの。
布おむつよりも広い幅に切って、端がおむつよりも外にでるようにして巻きます。

これで、たいていのうんちはガードできました。
うんちをしたら、このはぎれごとそのままポイ。
おむつとカバーをほとんど汚すことなく、つまみ洗い不要。
ま、でもたまにこのガードの外に、時には服にまでついてしまう時もあるけれど。

はぎれは、うんちがついたら心おきなく捨てればいいし、つかなければ洗濯してまた使えます。

え?ボロ布をかわいい赤ちゃんのお尻にあてるのはちょっと・・・。
という方には、この方法は向きませんね。


布おむつの巻き方

みなさん、おむつは何を使っていますか?
紙?それとも、布?

どちらがいいかは、賛否両論だと思います。
布のほうが、おしっこやうんちをした時に気持ち悪さがすぐに伝わるのでおむつ取れが早い、とか聞くし、
でも実際は紙の方が手軽だし。
布の方がエコかな、とも思うけれども、洗濯の量が増えて水道代がかさむことを考えればどっちもどっち?という気がします。布だと、汚してしまった時の処理がひと苦労なので、忙しいママには、紙が便利だとも思います。
どちらが絶対いい、とかではなく、ママのやりたいようにやればいいんですよね。

私は、紙おむつと布おむつを併用しています。
家にいるときはたいてい布おむつですが、そこまで布にこだわっているわけでもないので、外出時や、寝るときはやっぱり、紙おむつを使っています。やっぱり手軽だし、安心ですね。


布おむつ、私は妊娠中に母に作ってもらいました。(ははは、自分で作ってません)
作り方は、ネットで調べて母にお願いしました。(詳細に書かれたブログを参考にしました)
0817omutsu_1.jpg
寸法は、長さ70cm。反物を140cmで切って半分に折って重ね、端を縫って輪にしたもの。

巻き方は、慣れれば簡単です。


0817omutsu_5.jpg
長方形を縦に半分にし、それを横に半分に折ります。
こんな風におむつカバーの上部が袋状の差し込みになっているものもあります。これはずれにくくて便利でした。
端が集まった部分を上にして、カバーに当てます。


0817omutsu_2.jpg

お尻に敷いて、布を後ろから前に持ってきて、(赤ちゃんが小さくて布が余る場合は)前の部分をおへその下で折り返し、カバーをあてる。
(おむつカバーの形もいろいろあるので、適宜合わせて)

このカバーは横から先に巻くタイプ。
0817omutsu_3.jpg

0817omutsu_4.jpg

こんな感じです。

今は、まだカラダが小さいのでおむつはふたつに折って二重になってますが、大きくなって二つ折りでは足りなくなったら、赤ちゃんの体に合わせて折り、女の子の場合は後ろ側、男のこの場合は前側に、余った布が重なるようにおります。

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2ブログランキング

応援よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

Extra

プロフィール

manatamago

Author:manatamago
結婚して8年目、待望の赤ちゃんを授かり、2010年3月にマルコウで娘を出産した新米ママです。
本来は、趣味は踊り、音楽、酒、食ともにラテンが大好きなラテンライフをこよなく愛するお気楽ものです。
母になって子供中心の生活に180℃回転!現在1歳3ヶ月の娘の子育て奮闘中。
自身のブログ、querico! も不定期更新。
横浜市神奈川区在住
初めての方、よろしければごあいさつをお読みください。

最新記事

最新トラックバック


template by ako'love
photo by Gold Moon & Silver Sun
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。