Entries

振り返り。生涯学級「頑張らないのに ステキなおうちごはん」第3回

金曜日の夜。今夜もまた梅酒ロックを片手にこれを書いています。
前回の講座の内容をアップしてから、1週間なんてあっと言う間です。


今日は、神奈川区主催の生涯学級
“食卓に集まろう”「頑張らないのに ステキなおうちごはん」第3回。

連続5回のこの講座、毎回、素敵な講師の方々が、それぞれ興味深いテーマを話してくださり、毎週金曜が楽しみです。
先週の講座の内容は、こちら

第3回の今日のテーマは、「5歳若くなる?食の処方箋」
講師は、野菜ソムリエ、横浜市はまふうどコンシェルジュの長谷川さとみ先生です。

長谷川先生は、航空会社勤務の後結婚、出産を経て長い間、専業主婦をされていて、子供が自立した頃から、野菜ソムリエを初め、さまざまな資格を取り、それらの知識と主婦としての経験を活かして、料理教室や各種講演などをされています。「私もみなさんと同じ、主婦です」ただ、“いつでも夢を持って、常にアンテナをはって生活すること”、そうすれば、いつかこんな風に人前に立って、話をすることができるようになるかもしれません。その言葉が印象的でした。

前半は、食事の中の野菜の役割や、美味しい野菜の旬や産地、横浜野菜の紹介などでした。

最初はワークショップ。
宿題になっていた「ある日の献立メモ」をもとに、自分が食べたものを食事バランスガイドに基づいて、主食、主菜、副菜、牛乳・乳製品、果物に分類し、バランスがとれているかどうかチェックします。
ワタシの場合、副菜(野菜料理、海藻料理)が多すぎて、主食、主宰が少なかったです。野菜は十分摂れているので、OKでしょう。穀物、もっと食べてもいいんだなあ。


-野菜はどうして摂るの?

栄養学などの知識がある人には簡単なようですが。野菜の役割は、カラダの調子を整える、ですね。
中でも最近注目を浴びているのが、ファイトケミカルと呼ばれる野菜に含まれる栄養素。抗酸化物質、つまり病気を予防したり健康を維持するのに、大きな役目をもつものです。例えば、、、野菜の色、赤や紫だったり、匂いにんにくの匂いや辛み成分、などなど。

野菜は、四季を感じさせてくれます。また色がきれいで、食卓を豊かにします。これって、とても重要ですよね。

そして、おいしい野菜を選ぶコツは、野菜の品質の基本原理を知っておくことが大切です。
1、野菜の原産地はどこ?
 その野菜が生まれた原産地の気候や風土を知っていれば、おいしい野菜が育つ条件がわかります。

2.旬を知ろう。その時旬の野菜が、柔らかくておいしく、そして値段も安いです。
 ワタシも、旬でない時期に、わざわざその野菜は買いません。値段も高いし味も薄いですよね。

3.“はしり、盛り、なごり”を意識する。
 「はしり」=出始めは、やわらかくてみずみずしいです。
 今の時期は、どんな野菜が旬で、はしりは何かな??


横浜の野菜を食べよう!
はまふうどコンシェルジュの長谷川先生が、横浜で栽培されている野菜を紹介してくださいました。
意外にも、横浜で栽培されている野菜の収穫量が、全国10位以内に入っている野菜が3つもありました。小松菜、キャベツ、カリフラワーですって。知らなかった~!
他にも、大根やトマト、ほうれん草も。(トマトもほうれん草もよく食べてるけど、主に愛知産や群馬産が多かったような気がするなあ、、、)
そんなにあるなら、わざわざ他県から送られてきたものでなくて、地元で取れた野菜を食べたいですね。これぞ、地産地消
横浜ブランド野菜、「はま菜ちゃん」(横浜市の生産振興品目)や、ハマッ子(JA横浜のオリジナルブランド)のマークがついている野菜を目にしたら、これらを買うようにしましょう。



後半は、栄養素の効果的な組み合わせ・栄養効果をアップするコツ。
美肌を作るための栄養素 ビタミンC+コラーゲン、鉄分+コラーゲン、カロテン+ビタミンC+ビタミンE など。
グレープフルーツゼりー、美肌効果ばっちりだね 今度また作ろう~。

他には、冷え性対策、胃腸を健康に保つ栄養素、貧血改善、骨を強くする、などなど。

でも、これっていちいち栄養素を覚えるのは難しいけど、そのためにどんな食品をとればよいか、だいたい覚えていれば、実践できそうです。実際に、特に意識しなくても、昔からよくある献立で、ちゃんと実践できています。例えば、小松菜とじゃこの炒め物とか、豚の生姜焼きだったり、ひじきの煮ものだったり、実はバランスよくできてるんですよね。

それから、特に女性が知っておくとよいのが、女性のカラダのバイオリズムと食事。
女性のカラダは生理周期によって変化するので、その周期に合わせた食事をとると、よいそうです。高温期には、むくみ対策としてキャベツなどのアブラナ科の野菜と取ったり、食欲が増すので、甘いお菓子の代わりに食物繊維の多いフルーツやナッツ類を食べるとか。それから、女性のカラダには、葉酸は率先して摂りたい栄養素。鶏レバーやほうれん草など。
おもしろかったのは、“長寿の秘訣”は、「まごはやさしい」(豆、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ(茸)、芋) なるほどね!

他にも先生おすすめの生姜のレシピや、自作干し椎茸の話などもおもしろかったです。
野菜って、本当に、奥が深いですね。よく知って、うまく付き合えば、これで医者いらず、薬いらず!ですよね。


次回も講師は長谷川先生。次はベジフルレシピを考案します。楽しみ!


そうそう、最後に。
今日のまなたんはというと、、、保育に預けられて、おとなしく遊んでいたそうです。
12時に講座が終了して、保育に預けたママ達全員が一緒に迎えに行きます。
部屋を覗いてみると、、、子供たち、ワイワイと遊んでおります。子供たちがそれぞれのママを見つけて、わあーー!っとなっている中、まなたんはまだ気付かず、ウロウロと歩いていましたが、私が声をかけてふと振り向いたら、、、、あらら、突然泣き出して、駆け寄ってきました。
“まなちゃん、一度も泣かずにいい子で遊んでましたよ。後半は、ママを探していたみたいだったけど、がんばってましたね。”と。お母さんいないの知ってたけど、ガマンしてがんばってたんだねー。えらいえらい
帰りにかなーちぇに寄って、お昼ごはんを食べて、3時までたっぷり遊んで帰りました。今日は、午前も午後もお昼寝もせずによく遊んだわ おかげで夜はぐっすりです。

それでは、また来週 
スポンサーサイト



振り返り。生涯学級「頑張らないのに ステキなおうちごはん」第2回

ふうー。今週はイベントが多く、バタバタとした一週間でしたが、やっと終わりました。
娘を寝かしつけて、またまた、梅酒ロックを片手に書いているので、酔っ払わないうちに、、、。


今日は、神奈川区主催の生涯学級
“食卓に集まろう”「頑張らないのに ステキなおうちごはん」第2回。

5週連続であるこの講座、毎週とてもおもしろく、今もっとも楽しく、気合いが入っています。笑
第1回の内容は、こちら

第2回の今日のテーマは、「気分はセレブ!?プチプライスで素敵なおもてなし」
講師は、調理師、フードコーディネーター、食空間コーディネーターなど、さまざまな資格を持つ丸山真由美先生です。

そもそも、私がこの講座を受けたいと思ったきっかけは、丸山先生の資格や略歴を見てでした。一家族の母として、そして料理家として、活躍されている彼女の話を聞いてみたいと思ったからです。

実際にお話を聞いてみると、丸山先生のプロフィールは、普通とちょっと違って?おもしろかったです。元々はバックパッカーとしてアジア各国を歩き回って、その時に各国のインテリアや食に興味を持って、インテリアの買い付けの仕事をしたり、家庭料理を学んだり、、、、。
そうした経験が今に活かされていのでした。おこがましい話ですが、食いしん坊で各国の現地料理をを食べ歩いたバックパッカー、その経験を活かせているかわわかりませんが、そのあたりは、私も共通点があるな、と思ってしまいました。笑 もっとも私はラテンの世界がメインですけどね。


今日のお話のメインのテーマは、“食の空間”について。
どんなに美味しいものも、高価な食材を使った料理も、食べる空間が乏しければ、美味しくない。会話もなく、ひとりで食べるのでは、どんな料理もおいしさ半減ですね。
また逆に、凝ってなくて、簡単な料理でも、誰かと一緒に楽しく食べればより一層美味しいわけで、例えば、たったひとつの卵焼きでも、家族でワイワイ分け合って食べれば、ご馳走になります。

食にとって、空間とは、美味しさを左右するとても重要な要素なのです。
ましてや、子供にとっては、もっとも大切なことだと、先生は言います。
今、子供のさまざまな“こ食”(個食、小食、粉食、etc.)が問題視されていますが、みなさんの子供は大丈夫ですか??


前回と同じですが、ここでもポイントは、
お母さんは、「毎日、毎食、がんばらない」こと。
“ちゃんとしなくちゃ”と思うことはNG.逆に、がんばることに疲れて笑顔がなくなってしまいます。
それは子供にとって逆効果です。

忙しければ、お惣菜買ってきたって、時には気分を変えて外食したっていいんです。
もちろん、毎回では栄養面でも問題ですので、それを2~3日単位、1週間単位で考えて、“昨日は外食したから今日は手作りでちゃんと野菜を摂ろう”とか、うまくバランスをとればいいのです。



と、、ここで予期せぬ問題発生!!


突然、「おくいまなちゃんのお母さん」と呼ばれました。
なんと、まなたんが、保育の時間中、ずーーっと泣きやまなかったそうです。

え!?まさかうちの子が・・・!? 
意外でした。いつもよそのおうちなどでも、人見知りせず、大人しく遊んでいるまなたんが。。。

行ってみたら、大泣き。
抱っこして、保育の部屋に戻ると、さらに泣くのです。きっと、また置いてかれると思ったんでしょうね。
泣いて泣いて、興奮しちゃって、いたので、しばらく抱っこ紐で抱っこして落ち着かせて、そのまま講義の部屋に戻りました。

というわけで、ここからは、部屋の後ろでまなたんと一緒に講義を聞きました。
でも、運営委員のみなさんが、気を遣ってシートを敷いてくださったり、絵本を貸してくれたりしたので、まなたんもすぐにご機嫌が戻って、一緒に楽しくお話を聞くことができました。



後半は、お箸のマナーや、テーブルセッティング、プチプライスで楽しむホームパーティーのポイントなど。


0617ouchigohanax_1.jpg

手作りの箸置きを作りました。
折り紙と、ワイヤーまたはリボンで簡単にできます。とってもかわいらしい
こんなちょっとした心遣い、ホームパーティーのテーブルにあったら、ゲストも嬉しいですね。
月曜に、うちで女の子会があるから、早速作ってみようかな。


0617ouchigohanax_2.jpg
まなたんも箸置き気に入ったみたい~

それから、先生の話されたホームパーティーの鉄則は、ゲストに気を遣わせないこと
ホストが忙しく立ち働いていると、ゲストも気が休まりません。料理もお酒も全部テーブルに出して、ホスト自らがどっしち座って、一番食べちゃう、くらいの方がいいのだそうです。
また、子供が集まるホームパーティー、大人だけのパーティーなど、TPOに合わせて食器やコーディネートを選ぶことも重要です。子供が集まるのに、割られて困る高価な食器などを出したりしたら、呼ばれた方の親も返って気を遣ってしまいますから。

それから、ホームパーティーで使える一品で紹介してくださった、和風のジュレ。これ、今度試してみようと思います。


先生と講座の終了後にお話しする機会がありました。
どうしたら、そんな風になれたのか?直球で聞いてみました。
やっぱり、お子さんがある程度大きくなって、ご自身で勉強をして、資格などを徐々に取っていかれたそうです。
“まだまだこれからですよ”なんて、おっしゃってくださいました。

先生と話して、感じたことは、自分の強みを活かすこと。
料理の世界って、(料理じゃなくてもですが)、どんなにすごい技術があるとか、誰もが認める絶品料理を作る、とかじゃなくて、いかに、他の人にはない、自分の強みを活かすか、にあると思います。

私の強み、ってなんだろ? ラテン飯?食育?どれも中途ハンパだけどね。。。笑


なんにせよ、今回も楽しい講座でした。次回は、はまふうどコンシェルジュ?料理研究家の方のお話です。

そんなこんなで、また今回も長くなりましたが、、。今日はここまで。



15ヶ月。

昨日で娘は1歳3ヶ月になりました。

1歳3ヶ月のまなたんは、

歩き始めてひと月たらず。あんよがかなり上手になった。(先月はまだ歩いてなかった!)
歩くのが嬉しくて、外に出たがって仕方がない。靴を持ってきて、“履かせて~”って差し出す。

0613_15meses_2.jpg
実家にて。雨上がり。この直後にどろんこになる。


スプーン→フォークがブーム。なんでもフォークにさして食べたがる。

0613_15meses_3.jpg
おやつのグレープフルーツ寒天。すっぱい果物も大好き~


味噌汁の具が大好き。味噌汁に手をつっこんで、宝探しのように、ずーっとそればっかり。好き嫌いはあまりなく、海藻(わかめ、海苔、ひじき)や大豆製品(厚揚げ、豆腐、油揚げ、水煮大豆)が大好物なので、栄養面は心配ないかな。


名前を呼ぶと、“はーい”(挙手!)ができるようになった


かごや箱になんでも入れる。最近、よく物がなくなるのは、、、犯人はまなたん。 
薬やらおもちゃやら、ごみ箱から出てくることがしばしば。ゴミ捨ての時は要注意。


今日は、ワタシの歯医者に初めて一緒に連れて行きました。待ち時間の間に、飽きちゃって外をウロウロするし、お弁当のごはんは散らかすし、私もかなりヘトヘト
でも診察の間ずっと診察台のワタシのお腹の上に座って、おとなしく遊んでました。(口に手をつっこんできたり。)



今日のまなごはん
0613_15meses_1.jpg
黒米入りごはん、枝豆がんもの煮もの、蒸し鶏、茹でブロッコリー、ミニトマト、厚揚げとわかめの味噌汁。




振り返り。生涯学級「頑張らないのに ステキなおうちごはん」

娘を寝かしつけて、、、
さーて、これからが私のパソコンタイム。笑
梅酒のロック飲みながらだから、酔っ払わないうちに書いてしまおう。。。


今日、神奈川区が主催する生涯学級に参加しました。その名も、
『食卓に集まろう! 頑張らないのに ステキなおうちごはん』 
これから毎週金曜、全5回の講座です。

子育て中のママ(パパでもよいのか、、)を対象とした、言わば食育の講座です。
このタイトルを見て、そして講師と内容を見て、行きたい!!と思って応募しました。
実際、25名の定員のところ80名以上の応募があったそうで、私も一度は落選したのですが、キャンセル待ちで再選された、というラッキーなやつ。そんな人気の講座ですから、もちろん、休まず気合いを入れて参加しますよー。

と、前置きが長くなってすみません。
同じく興味があっても参加しなかった、または”こんな講座があったの知らなかった”というママのために、簡単にフィードバックします。ご参考までに。


まず、会場の地区センターに着くと、受付開始前からすでに待っていたようなママがたくさん。みなさん、気合いの入った姿勢で臨んでいる様子。
参加者のほとんどが子連れ。1歳未満は抱っこなどで、一緒に講座を聞きますが、1歳以上の子供は、保育を頼みます。隣の保育室で“こぶしの会”の経験豊かなスタッフさんが、子供たちを預かってくれます。うちのまなたんは、今朝5時から起きていたので、9時にベビーカーに乗せて家を出た瞬間、落ちました。 で、そのまま寝っぱなしだったので、ベビーカーに乗って眠ったまま、預けられました。起きたら、お母さんがいなくてびっくりするかな??


0610ouchigohan_01.jpg

そして10時に講座がスタート。

まずは、主催の地域振興課の方の挨拶。

そして次に、自己紹介を兼ねた、アイスブレイク。
“アイスブレイク”とは、文字通り、氷を壊すこと。
みんな初対面で緊張しているところを、ゲームやなんやらで緊張を解きほぐすのです。
これが、すごくおもしろかったです。

みんなで輪になって座って、最初のひとりがボールを持ち、自己紹介をし、そしてボールを投げます。
受け取った人が自己紹介をして、また投げる、、。と、これを全員が終わるまで繰り返します。
それから、1,2,3の3人ずつにグループ分けをして、グループごとに、ある決められたテーマに沿って2分間喋る。3人とも、ちゃんと話さなくてはなりません。
テーマは、「今朝の朝食」だったり、「最近褒められた料理」だったり、「食事で悩んでいること」だったり、、、グループを何度もシャッフルしてメンバーを変えて、いろんな人を話しました。
終わる頃には、みんなすっかり緊張がほぐれて楽しい雰囲気になっていました。
この進行を務めている、運営委員の方達、さすがだなーって思いました。
彼女達も、今回の参加者と同じく、子育て中のママたち。自分の子供を連れて参加しています。


いい雰囲気になったところで、やっと本題。

第1回 今日のテーマは、『食卓に集まろう』”おうちごはんが楽しくなるヒント!” 
ベテランの保育士、斉藤先生のお話です。
保育士として長年勤めてきた経験と、そして母親としての経験とを交えながら、穏やかに、わかりやすくお話しくださいました。
お話の中には、大事なキーワードがたくさんありました。

笑顔いっぱいの食卓=心を豊かにすること

子供にとって、“何を食べるか”よりも、“誰と、どう食べるか”の方が大切なんです。

-早寝早起きの生活リズムは整っているか?

これって、子供の成長に大きく影響します。
子供の成長ホルモンって夜中の12時頃に睡眠中に出るのだそうです。
しっかり寝て、朝ごはんをおいしくたくさん食べれば、午前中にめいっぱい活動できます。

-気になる「孤食」。子供にひとりで食べさせていないか?
親子で一緒に、同じものを食べる。”おいしいね”って。
そうすれば、子供の食わず嫌いはぐっと減るそうです。食べることに興味を持ちます。

そして、先生が話された「親子で楽しく食べるために」のいくつかのポイント。
・「早く」「きれいに」「上手に」はなるべく言わない。ゆっくり、よく噛んで食べること。
・お母さんは、栄養や食事作り、食べさせることに一生懸命になり過ぎないこと。
 ちゃんとやらなくちゃ!って、自分を追い詰めてはいけません。
 子供の心の安定のために、お母さん自身の心が穏やかである必要がある。 →なるほど~~!! でした。


さらに、子供の好き嫌いについて。
食べられないことを叱るよりも、食べられたことをほめてあげる方が効果的

まあ、これについては、うちのまなたんには、ほとんど問題はありません。
親に似て食いしん坊で、赤ちゃんのうちから食べ物に興味がありますから。笑

他にも、家族以外の人と、複数で食べることで、生活や食事のマナーを学んだり、
コミュニケーション力が養われる、などのアドバイスがありました。
また、いつもと違うシチュエーションで食べることで、食べることが楽しくなります。
お弁当にしてみたり、ピクニックごっこにしたり、子供が喜びそうなテーブルコーディネートをしたり、などなど。
とても参考になりました。

あっと言う間の2時間でした。

今回の感想を言うと、私の子育て、特に食育に関しては、まあ、今までやってきたとおりでオッケーかな、みたいな感じです。

逆に、いいものを食べさせなくちゃ、手作りしなくちゃ、などと頑張りすぎないで、ある程度は手を抜いて、もっとリラックスしてやってもいいかな、と。
(まあ、手作りも、もともと自分が好きだからやってるので、別に苦ではないのだけれど。)
手抜きもアイデア次第。戦術のひとつ、ですね。


そして、講座終了の12時に、保育に預けたママ達が、一斉に子供達を迎えに行きました。
まなたん、どうしてたかな???

0610ouchigohan_03.jpg


見ると、風船を持ってよちよち歩いて遊んでました。
私を見ても、泣きださなかったぞ。
すごーい!!
「まなちゃん、一度も泣かずに、おりこうさんで遊んでましたよ」ですって。
そうですかあ。こういう場で、けっこう平気なんだよね、まなたんは。

でも、私が一度抱っこした後に、トイレに行きたかったので、もう一度、“すみません”って保育の方に預けたら、そこで大泣き!!
やっぱり、がんばってたのかな。緊張の糸がそこで切れたのかな?


と、まあ、随分と長くなってしまいましたが、初回はこんな内容でした。
内容もとても充実していたし、運営委員の方や参加しているママ達も、みんないい方達で、また次回会うのも楽しみです。
次回は、調理師&フードコーディネーターの方のお話。これまた楽しみです。




今日のまなおやつ

0610ouchigohan_04.jpg

小豆&バナナ蒸しパン
定番のバナナ蒸しパンに、今日は先日煮た小豆も入れてみました。


いろんなおやつ

今日は、午前中に子育て支援があって、娘はたっぷり遊んできました。
終わったらいつもは家に帰って急いで昼ごはんを作ってたべるのですが、今日はママ友に誘われて、スーパーでおにぎりを買って食べさせちゃいました。

こんな風におにぎり買ってお昼済ませちゃうなんて、ラクになったわあ~。じぃぃぃん


さて、最近のまなたんのおやつ。
なるべく市販のものを与えず、手作りしようと思っていますが。

今日は、何を思ったのか、小豆を煮てみました。

お鍋でコトコト。。。

とは、ガス代がもったいないので、そんな悠長なことはせず、圧力鍋で一気に!。笑
加圧8分である程度やわらかくなりました。

その後、砂糖を加えてからさらに、もう一度加圧5分。


できあがった今日のおやつは、、

バナナミルクぜんざい。

0607milkzenzai_02.jpg

まだ1歳時だから、あんまり甘いあんこを与えるのはどうかとも思うので、小豆は少しでミルクとバナナと、それにごはんをすこーし、入れてみました。おもちの代わり? 笑


昨日は、蒸しリンゴと、お麩を食べました。
お麩をそのまま、すこーし温めたバターを塗ってあげたら、意外においしそうに、ポリポリと食べました。
お麩って、おやつになるんですねー。


最近のまなごはん

0603manameal_01.jpg

黒米入りごはんのおにぎり、キャベツとわかめのおかか和え、ふろふき大根、チキンのトマト煮を少し、ミニトマト、かぶと油揚げの味噌汁。
ごはんに黒米を入れて炊くと、もちもちしておにぎりにしやすいので、最近このごはんを愛用してます。
あいかわらず、味噌汁には、手をつっこんで食べます。笑


スマイルポート

今日は、西区のスマイルポートに行ってきました。

あんよをし始めてから、外に出たくてたまらない娘ですが、ここのところ雨続きで、家にこもりがちだったので、
やっと晴れた今日こそは!と、気合いを入れて午前中からお弁当を持って行きました。

ここは子育て支援拠点としては、広くてきれいで、おもちゃもいっぱいあって、大人気!いつも混んでます。
さすがは西区です。

0603kanache_03.jpg

滑り台が気に入ったみたい。
上かボールを落としてみせると、キャッキャ×2と大興奮

0603kanache_04.jpg


0603kanache_07.jpg

木の滑り台を滑車が降りてきます。これに夢中でした~

いっぱい遊んで、帰りには、ベビーカーに乗せたらすとん!と寝てくれたので、思惑通り(笑)。
帰りにママ友とイタリアンジェラートを食べて帰りました。


0603kanache_01.jpg
本日のまなごはん。
黒米入りごはん、キャベツとわかめのごま和え、チキンのトマト煮、ふろふき大根、かぶと油揚げの味噌汁、ミニトマト。
最近、生のトマトがマイブーム。以前はトマトスープは好きだけど生は食べなかったのにね。
コロコロと好みが変わるから、たいへんだけど、おもしろいわあ。

それから今は、フォークがマイブーム。なんでもフォークにさしちゃいます。なかなか食べないごはんも、ボールにしてフォークにさせば、食べてくれるようになりました。





Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2ブログランキング

応援よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

Extra

プロフィール

manatamago

Author:manatamago
結婚して8年目、待望の赤ちゃんを授かり、2010年3月にマルコウで娘を出産した新米ママです。
本来は、趣味は踊り、音楽、酒、食ともにラテンが大好きなラテンライフをこよなく愛するお気楽ものです。
母になって子供中心の生活に180℃回転!現在1歳3ヶ月の娘の子育て奮闘中。
自身のブログ、querico! も不定期更新。
横浜市神奈川区在住
初めての方、よろしければごあいさつをお読みください。

最新記事

最新トラックバック


template by ako'love
photo by Gold Moon & Silver Sun