Entries

振り返り。生涯学級「頑張らないのに ステキなおうちごはん」第2回

ふうー。今週はイベントが多く、バタバタとした一週間でしたが、やっと終わりました。
娘を寝かしつけて、またまた、梅酒ロックを片手に書いているので、酔っ払わないうちに、、、。


今日は、神奈川区主催の生涯学級
“食卓に集まろう”「頑張らないのに ステキなおうちごはん」第2回。

5週連続であるこの講座、毎週とてもおもしろく、今もっとも楽しく、気合いが入っています。笑
第1回の内容は、こちら

第2回の今日のテーマは、「気分はセレブ!?プチプライスで素敵なおもてなし」
講師は、調理師、フードコーディネーター、食空間コーディネーターなど、さまざまな資格を持つ丸山真由美先生です。

そもそも、私がこの講座を受けたいと思ったきっかけは、丸山先生の資格や略歴を見てでした。一家族の母として、そして料理家として、活躍されている彼女の話を聞いてみたいと思ったからです。

実際にお話を聞いてみると、丸山先生のプロフィールは、普通とちょっと違って?おもしろかったです。元々はバックパッカーとしてアジア各国を歩き回って、その時に各国のインテリアや食に興味を持って、インテリアの買い付けの仕事をしたり、家庭料理を学んだり、、、、。
そうした経験が今に活かされていのでした。おこがましい話ですが、食いしん坊で各国の現地料理をを食べ歩いたバックパッカー、その経験を活かせているかわわかりませんが、そのあたりは、私も共通点があるな、と思ってしまいました。笑 もっとも私はラテンの世界がメインですけどね。


今日のお話のメインのテーマは、“食の空間”について。
どんなに美味しいものも、高価な食材を使った料理も、食べる空間が乏しければ、美味しくない。会話もなく、ひとりで食べるのでは、どんな料理もおいしさ半減ですね。
また逆に、凝ってなくて、簡単な料理でも、誰かと一緒に楽しく食べればより一層美味しいわけで、例えば、たったひとつの卵焼きでも、家族でワイワイ分け合って食べれば、ご馳走になります。

食にとって、空間とは、美味しさを左右するとても重要な要素なのです。
ましてや、子供にとっては、もっとも大切なことだと、先生は言います。
今、子供のさまざまな“こ食”(個食、小食、粉食、etc.)が問題視されていますが、みなさんの子供は大丈夫ですか??


前回と同じですが、ここでもポイントは、
お母さんは、「毎日、毎食、がんばらない」こと。
“ちゃんとしなくちゃ”と思うことはNG.逆に、がんばることに疲れて笑顔がなくなってしまいます。
それは子供にとって逆効果です。

忙しければ、お惣菜買ってきたって、時には気分を変えて外食したっていいんです。
もちろん、毎回では栄養面でも問題ですので、それを2~3日単位、1週間単位で考えて、“昨日は外食したから今日は手作りでちゃんと野菜を摂ろう”とか、うまくバランスをとればいいのです。



と、、ここで予期せぬ問題発生!!


突然、「おくいまなちゃんのお母さん」と呼ばれました。
なんと、まなたんが、保育の時間中、ずーーっと泣きやまなかったそうです。

え!?まさかうちの子が・・・!? 
意外でした。いつもよそのおうちなどでも、人見知りせず、大人しく遊んでいるまなたんが。。。

行ってみたら、大泣き。
抱っこして、保育の部屋に戻ると、さらに泣くのです。きっと、また置いてかれると思ったんでしょうね。
泣いて泣いて、興奮しちゃって、いたので、しばらく抱っこ紐で抱っこして落ち着かせて、そのまま講義の部屋に戻りました。

というわけで、ここからは、部屋の後ろでまなたんと一緒に講義を聞きました。
でも、運営委員のみなさんが、気を遣ってシートを敷いてくださったり、絵本を貸してくれたりしたので、まなたんもすぐにご機嫌が戻って、一緒に楽しくお話を聞くことができました。



後半は、お箸のマナーや、テーブルセッティング、プチプライスで楽しむホームパーティーのポイントなど。


0617ouchigohanax_1.jpg

手作りの箸置きを作りました。
折り紙と、ワイヤーまたはリボンで簡単にできます。とってもかわいらしい
こんなちょっとした心遣い、ホームパーティーのテーブルにあったら、ゲストも嬉しいですね。
月曜に、うちで女の子会があるから、早速作ってみようかな。


0617ouchigohanax_2.jpg
まなたんも箸置き気に入ったみたい~

それから、先生の話されたホームパーティーの鉄則は、ゲストに気を遣わせないこと
ホストが忙しく立ち働いていると、ゲストも気が休まりません。料理もお酒も全部テーブルに出して、ホスト自らがどっしち座って、一番食べちゃう、くらいの方がいいのだそうです。
また、子供が集まるホームパーティー、大人だけのパーティーなど、TPOに合わせて食器やコーディネートを選ぶことも重要です。子供が集まるのに、割られて困る高価な食器などを出したりしたら、呼ばれた方の親も返って気を遣ってしまいますから。

それから、ホームパーティーで使える一品で紹介してくださった、和風のジュレ。これ、今度試してみようと思います。


先生と講座の終了後にお話しする機会がありました。
どうしたら、そんな風になれたのか?直球で聞いてみました。
やっぱり、お子さんがある程度大きくなって、ご自身で勉強をして、資格などを徐々に取っていかれたそうです。
“まだまだこれからですよ”なんて、おっしゃってくださいました。

先生と話して、感じたことは、自分の強みを活かすこと。
料理の世界って、(料理じゃなくてもですが)、どんなにすごい技術があるとか、誰もが認める絶品料理を作る、とかじゃなくて、いかに、他の人にはない、自分の強みを活かすか、にあると思います。

私の強み、ってなんだろ? ラテン飯?食育?どれも中途ハンパだけどね。。。笑


なんにせよ、今回も楽しい講座でした。次回は、はまふうどコンシェルジュ?料理研究家の方のお話です。

そんなこんなで、また今回も長くなりましたが、、。今日はここまで。



関連記事
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://manatamago3.blog135.fc2.com/tb.php/83-8a2b4b40
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2ブログランキング

応援よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

Extra

プロフィール

manatamago

Author:manatamago
結婚して8年目、待望の赤ちゃんを授かり、2010年3月にマルコウで娘を出産した新米ママです。
本来は、趣味は踊り、音楽、酒、食ともにラテンが大好きなラテンライフをこよなく愛するお気楽ものです。
母になって子供中心の生活に180℃回転!現在1歳3ヶ月の娘の子育て奮闘中。
自身のブログ、querico! も不定期更新。
横浜市神奈川区在住
初めての方、よろしければごあいさつをお読みください。

最新記事

最新トラックバック


template by ako'love
photo by Gold Moon & Silver Sun